@レーシック
 
特集!「老眼」治療 - レーシック情報
 
歳をとると、多くの人が必要とする老眼鏡。老眼ばかりは、レーシックでも治らないと言われることもありました。しかし現在は、技術の発達で老眼にも対応できる回復法が誕生しているのです。
 
 
 
 老眼とは?
老眼とは、加齢により水晶体の弾性が失われて調節力が弱まり、近くのものに焦点を合わせることができなくなってくる現象のことを言います。45歳前後から老眼は始まります。
 細かい字が読みにくい
 目が疲れやすい
 暗いところで字が読みにくくなる
 新聞や本を遠くに離してしまう
 
 
 
 老眼って本当に回復するの?
老眼は、一度進行すると回復しないとあきらめている方は多いと思います。一般的な近視向けレーシックを受けても、確かに老眼は治りません。しかし、特別な治療をすることによって、改善、回復することができる可能性はあるのです。 その老眼治療法が老視矯正レーシック、モノビジョンレーシック、CK(ConductiveKeratoplasty)です。老眼の進行を止めることはできませんが、治療を受けることによって、以前の視力に戻すことが可能なのです。
 
 
 
0@レーシック トップ
 
0ページトップへ戻る
 
レーシック(視力回復法)の総合案内サイト「@レーシック」
利用規約 / 運営会社 / プライバシーポリシー
(c) Fanside Inc.