@レーシック -atlasik.com- @レーシック

@レーシック

レーシック(老眼)治療 特集

みつけた!老眼治療

歳をとると、多くの人が必要とする老眼鏡。

老眼

ばかりは、レーシックでも治らないと言われることもありました。しかし現在は、技術の発達で老眼にも対応できる回復法が誕生しているのです。
老視(老眼)について老眼治療の種類老眼回復のメリットhu
医師と相談の上決めましょう 老眼治療の種類
遠近両用眼内レンズ
特徴・手術方法
カメラインレーとは、レーザーで角膜にポケットを作ってカメラインレーを挿入し、遠くの見え方をあまり下げることなく、近くの見え方を改善する新しい老眼治療法です。入り口部分をあけるだけなので角膜を大きく傷つける心配はほとんどありません。カメラインレーはコンタクトレンズよりも小さく、直径3.8ミリ・厚さ5ミクロン。他の有名な術式であるCKでは、遠くの見え方が下がってしまう傾向にありますが、カメラインレーなら遠近両方に対応という利点があります。また、レーシック治療と同時に行うことも可能なので近視や乱視がある方にも有効な手段です。
適している方
・40〜65歳の方
・白内障や緑内障などの疾患がない方
・適応検査で施術が可能と診断された方
・過去にレーシックの施術を受けた事がない方

レーシックカメラで老眼・近視・乱視・遠視治療
遠近両用眼内レンズ
特徴・手術方法
老眼治療、白内障治療に効果的だとして注目を浴びているのが、遠近両用眼内レンズ。「遠くも近くも見える」ようにする、画期的な治療法です。手術方法自体は従来の白内障手術と変わりませんが、レンズ自体に秘密があります。従来の保険診療で使用されていた単焦点のレンズではなく、多焦点眼内レンズが用いられるため、遠距離、中距離、近距離でもクリアな視界が期待されるようになったのです。
*もし度数にズレが生じた場合もレーシックによる補正が可能です。
適している方
・老眼で視界が悪く、白内障の症状も出ている方
・スポーツを楽しむことの多い中高年の方
・パソコンをよく使用している中高年の方
遠近両用眼内レンズを行っているクリニックはこちら
モノビジョンレーシック
特徴・手術方法
モノビジョンとは、片眼に近視を残しつつ、もう一方の眼を遠距離用に調整すること。つまり、片眼で遠くを、もう片方の眼で近くを見る状態です。適応検査と手術前の検査でモノビジョン状態を作り、手術で矯正する度数を決めます。手術方法は通常のレーシックと同じ。レーザーでそれぞれの角膜を、遠方用、近方用の形状に変えていきます。
注意点
  • ・慣れるまでに1ヵ月から3ヶ月程度かかる
  • ・眼精疲労を生じることがある
  • ・立体感覚が低下する場合があるので、車の運転や細かい作業をする人は注意しなければいけない
老視矯正レーシック
特徴・手術方法
治療にはエキシマレーザーという特殊なレーザーを使用。角膜中心部を遠方に、角膜周辺部を近方に合わせるように矯正することで、角膜形状を遠近両用のコンタクトレンズに似たような形にします。 治療が成功すれば、遠くも近くも、ある程度見えるようになります。
注意点
  • ・視力が安定するまで1ヵ月から3ヶ月程度かかる
  • ・細かい文字等を見る時、眼鏡が必要になることもある
  • ・瞳孔が小さい人は、遠近両用の機能が十分に機能しない場合がある
CK(Conductive Keratoplasty)
適している方
遠視の方・老視(老眼)の方
CKとは?
2004年の4月にFDAが初めて老眼治療法として認可しました。
米国Refractec社の認定を受けた医師のみが治療することができるので、安全性が高いといえます。
遠視を矯正したり、老眼(老視)の方は近くを見やすくする矯正手術です。
角膜の周辺部、8〜16ヵ所にラジオ波を照射します

角膜の周辺部、8〜16ヵ所にラジオ波を照射します

特徴・手術方法
ラジオ波と呼ばれる高周波のエネルギーによって角膜周辺部の組織(コラーゲン)を一部収縮させ角膜の屈折率を強くすることで、遠視や老眼を矯正します。痛みも殆どなく、手術時間は10分程度です。角膜中央部には触れず、メスやレーザーを使用しないので合併症の可能性も低く、安全性が高いとされています。
誰にでも起こりうる自然な現象 老視(老眼)について
老視(老眼)とは

老眼とは、加齢により水晶体の弾性が失われて調節力が弱まり、近くのものに焦点を合わせることができなくなってくる現象のことを言います。45歳前後から老眼は始まります。

こんな症状が出てきたら・・・細かい字が読みにくい目が疲れやすい暗いところで字が読みにくくなる新聞や本を遠くに離して見てしまう細かい字が読みにくい老眼治療を考えましょう!新聞や本を遠くに離して見てしまう
老眼って本当に回復するの?

老眼は、一度進行すると回復しないとあきらめている方は多いと思います。一般的な近視向けレーシックを受けても、確かに老眼は治りません。しかし、特別な治療をすることによって、改善、回復することができる可能性はあるのです。
その老眼治療法が老視矯正レーシック、モノビジョンレーシック、CK(ConductiveKeratoplasty)です。老眼の進行を止めることはできませんが、治療を受けることによって、以前の視力に戻すことが可能なのです。

安全性は? 手術で痛みは感じる?

やはり怖いのは手術の失敗による失明だと思います。現在国内外でレーシックによる失明の報告は出ていません。専門医で適切な老眼治療が行われば、きわめて安全性が高い手術といえるでしょう。しかし手術は手術ですので、医師ときちんと相談し、リスクもきちんと把握しておく必要があります。
痛みはといえば、点眼麻酔をするためほとんど感じず、圧迫感があるくらいだといわれています(感じ方には個人差があります)。

得られるのは快適な生活 老眼回復のメリット
老眼が回復するとこれだけのメリットが!

加齢により水晶体の弾性が失われて調節力が弱まり、近くのものに焦点を合わせることができなくなってくる現象のことを言います。45歳前後から老視(老眼)が始まります。

メリット1 新聞や本などの小さな文字が読めるメリット2 老眼用メガネや老眼鏡を持ち歩く必要がなくなるメリット3 階段を降りる時の見辛さ(転んでしまう不安)が解消されるメリット4 パソコン操作が楽になるメリット5 お化粧が楽にできるようになる
回復前回復後*あくまでイメージです。結果には個人差があります
レーシックカメラで老眼・近視・乱視・遠視治療